*
FAQ
*
質問

オゾン水は毒では?

回答

高濃度のオゾンガスは呼吸器には害がありますが、数ppm程度の濃度のオゾン水は人体に害になるような濃度のガスは気散しません。
又、オゾン水の人体への悪影響は報告されていません。

*
質問

オゾン水と酸性水の違いは?

回答

酸性水は、phが酸性で腐食性が強い点がありますが、オゾン水はphが中性です。
酸性水は、食塩を分解して次亜塩素酸を作ってしまうので、塩素系の殺菌作用という形になります。
しかし、オゾン水の場合はオゾンの酸化力で作用し、直ぐに分解して、酸素に戻る環境に優しい大きなメリットがあります。

*
質問

酸性水に比べオゾン水のデメリットはなんですか?

回答

オゾン水の場合、分解が早いため、作り置きが出来ません。
従ってオゾン水生成装置が使用場所の近くに必要になります。
最近では、小型、安価な機器もあり使いやすくなりました。

*
質問

オゾン水の作り方には、どんな方法があるのですか?

回答

大別してオゾンガスを水に溶解する方法と水を直接電気分解してオゾン水を作る方法の2種類があります。

*
質問

直接電気分解法の特徴は、なんですか?

回答

色々ありますが、オゾンガスを作るステップがないので装置が簡単小型、濃度管理が容易、安全性が高い、溶解度が高く気散オゾンガスが少なく臭いが少ない事等が特徴です。
又、電源をいれて5秒位で所定濃度のオゾン水が作れるので使い勝手がよいのも特徴です。

*
質問

オゾン水は、どんな用途がありますか?

回答

フッソに次ぐ強力な殺菌、脱臭、漂白を必要とする場面で使われるのが一般的ですが、皮膚トラブルにも有効です。
例えば殺菌目的で手洗いに使うと手荒れが非常に少ない。
又、鎮痛効果もあるため、創口に使われたり、褥瘡の洗浄等にも使われています。
殺菌に用いた場合、耐性菌を作らない事、細菌とヴィールスの両方に有効であることも大きな特徴です。

*
質問

オゾン水の殺菌、脱臭、漂白効果以外に、どんな用途がありますか?

回答

分解作用もありますので、厨房の床やシンクをぬるぬるにするバイオフィルムの除去に使われています。
又、野菜の鮮度維持、切花の持ちを長くする等の目的で使用されている例もあります。

*
* *
(C) OZOTECH Co.,LTD. All rights reserved.